まとめ リンク集 その他諸々

Various Summary Pages

地上の水平線や鉄道の線路などは水平に続いている

球面上に水は保持できません。地上の水平線や鉄道の線路などは水平に続いています、レーザーや水平器などを使えば、地上の水面や鉄道の線路などの水平確認はできると思います。


⇒ 7.5 Mile Flat Earth LASER Test On Frozen Lake


⇒ Flat Earth - CSA, ARTE 360° camera... still flat 


⇒ Flat Earth Matters


⇒ 洗脳の力


⇒ 正距方位図法は、F.E.世界地図のように正確である論


The Grand Deception Government Lies
⇒ How to Tell if You Are Brainwashed?


#Flat Earth #Brainwashed













パースからシドニーまでの距離は、約3,000kmではなく、約8,000kmであるという論

オーストラリアのパースからシドニーまでは、一般的には、日本列島の総延長と同じくらいの約3,000から4,000kmくらいの距離であるといわれているけれども、実際には、約8,000km(5,000Miles)くらいあるようです。


⇒ Flat Earth - Australia; How Big?


#Flat Earth #豆知識













「六本木」と「森」に隠れる反キリストのゲマトリアの謎 etc...

AMラジオの周波数帯の割り当ては、約526.5~1,606.5kHzの範囲内で、占有周波数帯域幅は1局につき15kHzである。また、1978年11月23日に、搬送波周波数間隔は、わかりやすい10kHz間隔毎から、1kHzだけ減らした9kHz間隔毎への変更(通称:9キロヘルツセパレーション)が行われた。この変更は、「将来、ラジオ局が増加した場合、使用できる周波数帯の空き領域を少しでも増やす目的などのため、先を見越した上での“効果不明の謎の対応”?」のようです。 etc...


⇒ 六本木と森に隠れる666の秘密 etc... 日本プロファイル研究所


⇒ 666は魔の数字 「9」という数字も逆さまにすると「6」になるので、「999」も縁起が良くない etc...  世界の裏


⇒ FM・AMラジオ放送の方式概要


#占有周波数帯域幅 #搬送波周波数間隔













まるでナチスの「手口」のような緊急事態条項 etc...

⇒ 日本会議系学者の血統原理主義者説 etc...


⇒ 「つくる会」の教科書は歴史事実だけではなく神話を事実と混同しやすい形で載せ、日本の侵略戦争や植民地支配、大虐殺などを賛美し、天皇制や大日本帝国憲法、日本という国に対する愛国心や誇りを育むような教育を目指している。 etc...


⇒ 日本会議と神道政治連盟、創価学会などの所属議員が、安倍内閣の柱となっています。 etc...


⇒【動画】今の日本社会、まさにSFホラー「ゼイリブ」


⇒【緊急事態条項の制定=独裁体制の完成】緊急事態条項とは、法律の制定が議会を通す事なく、内閣で決議でき、それが永続できる条項です。


⇒ 濱田邦夫元最高裁判事が断言。自民党改憲草案の緊急事態条項、「正気の人が書いた条文とは思えない」!


⇒【動画】緊急事態条項とは


⇒ 憲法「改正」で緊急事態条項の導入、東日本大震災の被災自治体のうち97%が必要ないとのアンケート結果。


⇒ これこそ「ナチスの手口」! 9条を含めすべての現行憲法秩序を眠らせ、日本改造を行う「緊急事態条項」 この上ない危険性!!



#日本会議 #神道政治連盟 #創価学会 #緊急事態条項













テレビや新聞、政府公式発表の情報などを鵜呑みにしていると、洗脳されるという説 etc...

⇒ 日本のテレビと新聞の正体



⇒ 偽ユダヤ人(白人)と在日朝鮮人(日本人)



⇒ マスコミって何?(7)~マスコミとは(時の)権力者の洗脳機関でしかない~



⇒ マスメディアの洗脳技術の考察



⇒ マスメディアが伝えない“新聞・テレビの歴史といま”



⇒ 情報操作を仕掛ける者が困る5つのこと メディアの嘘に騙されない



⇒ 国民を洗脳するマスコミの実態




911 政府公式発表の謎などについて


政府公式発表では、航空機がビルに衝突しただけの事件という事になっているが、それだけで、建物が粉末状に崩壊し、基礎部分の地中の御影石やコンクリート、補強の鋼鉄までもが溶解するはずがないので、陰謀論よりも政府公式発表の方が疑わしい場合もあるという事などが、理解できるはずです。



⇒ ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出



⇒ 9 11 Footage



⇒ ロシアの911資料の内容がさらに具体的に明らかになる



⇒ 主要ジャーナリスト達が9/11のでっち上げを暴露



⇒ 911で核兵器を使った!?




「陰謀論=嘘」と決め付ける事などについて


・いわゆる“陰謀論”という言葉は、真相や真実の解明のための言論の封殺などを目的としてつくられた、“悪意のある造語”や“悪口・暴言・誹謗中傷”などのようなものであって、ノンフィクション作家やジャーナリストなどが、調査した結果や事実に基づいて記述した内容などに対して、一概に全て「陰謀論=嘘」と決め付けて、バカにするような事は失礼ですし、ナンセンスでしかないと思われます。


・「陰謀論=嘘」と決め付けると、その件に関しての思考や考察、言論などが停止されて、それで終わりになるようにも思われます。




日本の支配構造とマスメディア、不正操作選挙の疑惑 etc...



⇒ 日本の支配構造の概要 etc...



⇒ 【苫米地解説】不正選挙が明るみにでる組織犯罪か?



⇒ 不正選挙裁判リチャード氏「口頭弁論」



⇒ 半島系カルトの背後に北朝鮮勢力とユダヤ寡頭独占者がいる etc...



⇒ 支配構造は変っていない



⇒ マスコミと不正選挙



⇒ 米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言




⇒ マスコミの支配者



⇒ 日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。



⇒ 朝鮮人の日本支配は完了した



⇒ 仏教に詳しい人の観点から見た、「明治天皇すり替え説」などについて



⇒ スイス政府の国民一人一人の為の民間防衛の栞によると、日本の場合もCIAなどによる国内からの植民地化政策や乗っ取りの手段の最終段階位まで、既に計画が遂行されているともいえるそうです。



⇒ ロシアのプーチン大統領の証言 ソ連の最初の政府職員の80〜85%は、偽ユダヤ人



⇒ 「日本とは、第二韓国である。」という説 万世一系マジック etc... どこまでが事実であるかなどの真偽は不明です。孝明天皇が虐殺されてから、日本は侵略戦争や植民地化政策、大虐殺などのおかしな方向に邁進していったらしいです。



⇒ CIAが成功した例としては、日本という国の支配が挙げられます。 etc... 鳩山由紀夫氏から菅直人氏へ(2) 雁屋哲のきょうもまた













“バーコードシステムとは、反キリストのゲマトリアである。”という説 etc...

日本人の約99.5%は、キリスト教徒以外であるらしいので、反キリストのゲマトリアなどで溢れていても、何も不思議ではありません。


⇒ 世界統一政府の出現と世界統一通貨













スポンサーリンク
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

名前は“りんくまとめ”と読みます。ブログの内容は、主にニュースやリンクのまとめなどです。何卒宜しくお願い申し上げます。


素材や情報、データベースなどに、創作性を持って、選択や編集、構成などがなされた場合、著作物としての必須の要件や定義を満たし、保護される etc...


# 編集著作物

⇒ 著作権法第12条


⇒ 著作権法第12条の2



“著作物とは、思想又は感情を(創作的に)表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であって、たとえどんなに、”文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であったとしても、“思想又は感情を(創作的に)表現したもの”という、もう一つの要件が認められないような場合、著作物としての必須の要件や定義を満たしているとはいえないようです。


⇒ 著作物とは



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男



⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク