まとめ リンク集 その他諸々

Various Summaries Pages

陰謀論のような経済支配のからくりや仕組みは事実である。 etc...

陰謀論のような経済支配のからくりや仕組みなどの存在は、事実であると思われます。


⇒【動画】苫米地英人博士の「洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実」


⇒【動画】日本は世界最大の戦争大国だった etc...




イエメンやガザの空爆や戦争、イスラエル人の入植者によるパレスチナ人へのヘイトの犠牲者 etc...


⇒ Ahmed Dawabsha Returns Home from Spain


⇒ The Saudi Arabia-Yemen War of 2015



# 脱洗脳 # メモ













分断や対立、紛争や戦争のための手段や道具としての概念

分断や対立、紛争や戦争を引き起こす事などを目的として、国家や民族、人種、主義や思想、派閥や宗教などの概念が、一般的によく利用されているように思われます。けれども、それらの概念は、ある種のトリックやトラップ、幻想などに引っ掛けるための手段や道具などに過ぎず、実際には存在しないようなものであるともいえます。


<参考リンク一覧>

⇒ 『人種・国民・階級――揺らぐアイデンティティ』


⇒ ナショナリズム・民族集団・少数民の研究に関する基礎知識


# 分断統治政策 # 脱洗脳













“生前”とは、“故人が生きていた時”という意味である論

“生前”とは、故人が生きていた時を偲び、敬意を表すために使います。現在生きている人に“生前”とは言いません。













正距方位図法は、メルカトル図法より正確な世界地図である論

メルカトル図法では、世界の最南端に広大な南極大陸が広がるような不自然な世界地図になるけれども、正距方位図法の場合には、地図の中心である北極点からの正しい方位や最短経路、距離などを正しく表したり、求めたりできるようになり、南極点が実際には存在しないということなども理解しやすくなるので、より正確な世界地図といえるようです。


⇒ 地図図法とその特徴(モルワイデ図法・メルカトル図法・正距方位図法)


⇒【動画】FLAT EARTH Clues Part 3 - Map Makers (subtitles in any language) - MarkSargent













北極周辺の海岸沿いと南極大陸の輪郭は相似形

“北極周辺の海岸沿いと南極大陸の輪郭は、相似形である。”という論などについて。


⇒【動画】Dissecting the Fake CGI Continent of Antarctica - Flat Earth













戦争の原因や目的は、宗教ではなく、主に経済や領土、資源、権利などである論

・戦争の原因や目的としては、経済や領土、資源、権利などが主なものとして挙げられるといえます。“「宗教が戦争の原因である。」というような考え方や思想は、教育や洗脳、プロパガンダなどによって、“そのようにしか考えないように思い込まされている”場合などもあると思います。


・宗教などなくても、それ以外の物事を原因や目的として、戦争を起こす事は可能であると思われるので、あくまでも戦争の道具として、宗教が利用されているだけかもしれません。


<参考リンク一覧>

⇒ 常識・金・法・戦争・宗教・選挙などはすべて「地球を未来永劫統治するシステム」の為の「支配者層」にとっての道具にすぎません













“死者の象徴”や“消滅前の最後の輝き”などではない“ベツレヘムの星”

“夜空の星”を“死者の象徴”や“消滅前の最後の輝き”のように、縁起の良くない意味として捉えるのではなく、その正反対のような印象の“ベツレヘムの星の歌”。


⇒【動画】Dailey and Vincent -- "Beautiful Star Of Bethlehem"


⇒【動画】'beautiful Star of bethlehem' by rambo-mcguire


⇒【動画】The Judds - Beautiful Star Of Bethlehem


# Star Of Bethlehem













唯物論と生命の起源の謎

無生物から生物が発生する確率の低さや、卵や鶏の最先のような生物や、その他の多種多様な生物に至るまでの進化の過程などを、唯物論や進化論、偶然などでは説明しきれないという謎などについて。


⇒ 生命はどこから来たのでしょうか。進化論が最善の科学的な答えなのでしょうか。


⇒ 宇宙は知的存在の創造であるとの現代科学の結論論文


⇒ ダーウィニズムという宗教


⇒ 無生物から生物へ


# メモ













国民投票において“過半数”とは、“有効投票の総数の過半数”である

国民投票において“過半数”とは、“有権者の総数の過半数”ではなく、“有効投票の総数の過半数”であると規定されている。


⇒ 国民投票法、衆院で可決













“国民の総意に基づく”という事など“不可能”である

・日本国憲法1条では、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と規定されています。“総意”とは、「全員の一致した意見・考え」という意味などであるので、“国民の総意に基づく”という事など、不可能であるといえます。


・戦争犯罪や国家レベルの過酷事故が発生してしまった場合などには、“国民全員の責任”になるような仕組みになっているともいえると思います。


⇒ 国民の総意としての戦争!?


⇒ 「国民の総意」とは?


# メモ













選挙制度の合憲・違憲と有効・無効の判定基準などについて

“一票の格差是正への取り組みが評価されるかどうか”が、選挙制度が有効か無効又は無効状態であるかどうかの判定基準として重要であるので、選挙制度が合憲か違憲又は違憲状態であるかどうかと、選挙制度が有効か無効又は無効状態であるかどうかなどは、別の問題であるらしいです。


⇒ 一票の格差判決 2012年衆院選は「違憲状態」でも、「選挙無効」にならなかった理由とは?




⇒ 「一票の格差」 違憲状態にある日本の選挙制度 全国16の高裁で「違憲」「違憲状態」判決













“Antarctica”とは、“南極大陸”ではなく、本当は“北極”を示す言葉である。

・“地とは、南極の氷に囲まれた平らな円である”ので、“Antarctica”という言葉の意味は、南極大陸ではなく、実際には“北極”である。


・“地の中心が北極点”で、南極点などは存在せず、“地の外側は環状の南極の氷で囲まれている”。


⇒ 地は平らですよ!


⇒ Gleason's flat earth map(Boston Map Flat Earth)


⇒ The Hawaiian gazette., January 11, 1907


⇒【動画】Yes, the EARTH IS FLAT! (Ancient Maps) 2016 Share Everywhere













「ムサシ」は100%外国資本

ムサシ < 上毛実業 ショウリン商事 < アルカーブ < ダヴィンチ・ホールディングス との事です。


⇒ 「ムサシ」による不正選挙を許して良いのか?













人工衛星の回転速度やロケットの推進力などについて

・自転や公転、銀河系の回転速度に、人工衛星を合わせることなどは不可能。


・燃料を燃やしたり、推進するために押し出す空気や空気抵抗がないような、真空に近い空間では、ロケットのエンジンやターボなどは機能しない。


⇒【動画】Flat Earth: Satellites are Impossible


⇒【動画】Why Rockets Can NOT Work In Space/Vacuum


⇒ 【動画】Flat Earth Turbos prove rockets don't work in space














回転速度と遠心力やコリオリ力 赤外線やレーダー、トランスミッターなどについて

自転や公転、銀河系の回転速度からしてみると、遠心力やコリオリ力などが、地上の生物や物体などに非常に大きく機能しているはずである。


⇒【動画】Spinning Water Horizon


⇒【動画】Infrared light proves flat earth


⇒【動画】Radar proves flat earth


⇒【動画】Flat Earth: New Proof!!! Impossible Radio Transmissions


# フラット・アース # flat earth













Earth is Not a Spinning Ball

人工衛星や、それらの補給用ロケットなどが大破することなく、目標地点に安全に着陸できるような制御技術が存在すれば、画期的な発明になるようです。


⇒ SpaceX - CRS-7 Launch explosion


⇒ FAKEX FAILS AGAIN RETURNING FROM THE INTERNATIONAL FAKE STATION



⇒ “200 Proofs Earth is Not a Spinning Ball”



⇒ Flat Earth Wiki














水と地の曲率などについて

・地の曲率に従って、線路などを曲げないのと同様に、水は地の曲率に沿って曲がらないので、球体の水の惑星というものなどは、実際には存在しないはずである。


・重力などの影響で、球体の表面に水を引き留められたとしても、南半球にいる人などは、上下が逆さまになるので、普通に生活しづらいはずである。


rounwrld.jpg



⇒ The Natural Physics of Water Prove Earth Flat


⇒ The Flat Earth Truth


⇒ Planets Don't Exist! Flat Earth TRUTH Revealed!













生物や物体の運動とコリオリ力

地球は、赤道付近では時速約1700kmで自転しながら、時速約10万7千Kmで公転していて、さらに銀河系を時速約80万Kmで回転しているといわれていて、その上、回転運動する物体に働く慣性力により、運動する物体の進路や方向を変えるという“コリオリ力”が機能しているとすると、回転し続ける遠心分離機の中に生物や物体が置かれたような状態と同様に、地球上の生物や物体は直進するだけでも困難になるはずである。


⇒ コリオリ力とは


⇒ Flat Earth Experiment - 4 Mile Laser Test RESULTS Show PROOF of No Curvature


⇒ The Flat earth and the birds tale.














すべてはひとつ

人種や民族、宗教、主義、思想、派閥、国(陸・海・空)の境などは、幻想のようなもので、実際には存在せず、すべてはひとつである。


⇒ - humanity should be our race ,,
love should be our religion !!!













情報公開法第10条

では、「開示決定は30日以内にしなければならない」又、例外として「事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、30日以内に限り延長することができる。」と定められているけれども、開示期限が1年以上延期された上、さらに全頁が真っ黒けの文書が提示されるだけで、必要な情報の公開請求を行っても意味がないとの事。


⇒ 沖縄防衛局の情報隠し---全面墨ぬりや開示期限の1年以上の延長


# あわてんぼうの文書













光と地の曲率

相対性理論によると、重力などの影響で地の曲率に従って、レーザーなどの直進性の光が曲がったとすれば、それは時間や空間の歪みなどが原因で、観測者の視点からは相対的に曲がったように見えただけで、実際には「光は直進する」ようです。

※たとえ障害となるものがなくても、地の曲率に沿って「光は1秒間に地球を7.5周進む」ような事はないはずです。


⇒ 電波や光は曲がって進む? 屈折率の変化と電磁波の経路


⇒ 大気による電波の屈折













スポンサーリンク
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

・内容は主にニュースやリンクの纏め、要約などです。何卒、宜しくお願い申し上げます。


・リンクや転載、引用(ツイート・シェア)なども歓迎致します。当方のブログ記事のほとんどは、基本的に著作権フリーとなっているように思われます。



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男


⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク