まとめ リンク集 その他諸々

Various Summaries Pages

麻には麻薬としての薬効作用はなかった!

痲れるや痲痺するという意味では、本来、植物の麻という字が使われる事はなく、麻には麻薬としての薬効作用なども、ほとんどなかったようです。


⇒ 麻は麻薬ではなかった!


⇒ 大麻と麻薬の「麻」の文字は本来違っていた!













エネルギーやバッテリーとしての水

電解質を高めたり、より効率良く電気分解ができるようになると、水からできた水素や酸素の混合物などを、燃料やエネルギー、バッテリーなどとして利用する事が可能になるようです。


⇒【動画】夢の水素発生システムPEGS


⇒【動画】酸素・水素ガス(OHMASA-GAS)


⇒【動画】水の燃焼実験


⇒ R水素の基礎知識


# メモ













真空状態の宇宙空間による放熱の遮断

太陽からの輻射や地核から地上へ伝わる熱エネルギーなどは、真空状態の宇宙空間によって、そのほとんどの放熱が遮断されるはずなのでは?という謎 etc...。


⇒ 地殻のヒートソース


⇒ 熱を逃がさない真空の壁













空気や水などの分子の謎 etc...

・物質のエネルギーは、固体<液体<気体の順で高くなる。


・空気の主成分(酸素や窒素など)の分子の質量(エネルギー)は、水の分子の約400~800分の1程度のようです。


・月面において、「重さ」は地上の約6分の1に大幅に減少するが、「質量」の場合は地上と変わらず一定であると、一般的にはいわれているけれども、実際には、月面での物質の「重さ」や「質量」の計測などは、不可能であるはずです。



⇒ 空気の質量は、水の400分の1 東京ドーム1杯分の空気の質量は、31トン


⇒ 水の質量は、空気の約770~788倍


⇒ 分子のサイズとしては、水は3Å、酸素や窒素は4Å程度


⇒ 質量と重さ


# Globe Earth vs. Flat Earth(球体地 vs. 平面地)













旋回方向は、中心から外側

万字の場合、中心から外側の方向へ右旋回か左旋回によって、右万字か左万字かが決まり、それぞれ違う意味があるようです。何故か、外側から中心の方向へ右旋回か左旋回という捉え方はしないようです。


⇒ 危険な右旋回の風

Cq.jpg



⇒ Swastika(スワスティカ Love・Life・Luck・Light) ネイティブアメリカン etc...













陰謀論のような経済支配のからくりや仕組みは事実である。 etc...

陰謀論のような経済支配のからくりや仕組みなどの存在は、事実であると思われます。


⇒【動画】苫米地英人博士の「洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実」


⇒【動画】日本は世界最大の戦争大国だった etc...




イエメンやガザの空爆や戦争、イスラエル人の入植者によるパレスチナ人へのヘイトの犠牲者 etc...


⇒ Ahmed Dawabsha Returns Home from Spain


⇒ The Saudi Arabia-Yemen War of 2015



# 脱洗脳 # メモ













分断や対立、紛争や戦争のための手段や道具としての概念

分断や対立、紛争や戦争を引き起こす事などを目的として、国家や民族、人種、主義や思想、派閥や宗教などの概念が、一般的によく利用されているように思われます。けれども、それらの概念は、ある種のトリックやトラップ、幻想などに引っ掛けるための手段や道具などに過ぎず、実際には存在しないようなものであるともいえます。


<参考リンク一覧>

⇒ 『人種・国民・階級――揺らぐアイデンティティ』


⇒ ナショナリズム・民族集団・少数民の研究に関する基礎知識


# 分断統治政策 # 脱洗脳













“生前”とは、“故人が生きていた時”という意味である論

“生前”とは、故人が生きていた時を偲び、敬意を表すために使います。現在生きている人に“生前”とは言いません。













正距方位図法は、メルカトル図法より正確な世界地図である論

メルカトル図法では、世界の最南端に広大な南極大陸が広がるような不自然な世界地図になるけれども、正距方位図法の場合には、地図の中心である北極点からの正しい方位や最短経路、距離などを正しく表したり、求めたりできるようになり、南極点が実際には存在しないということなども理解しやすくなるので、より正確な世界地図といえるようです。


⇒ 地図図法とその特徴(モルワイデ図法・メルカトル図法・正距方位図法)


⇒【動画】FLAT EARTH Clues Part 3 - Map Makers (subtitles in any language) - MarkSargent













北極周辺の海岸沿いと南極大陸の輪郭は相似形

“北極周辺の海岸沿いと南極大陸の輪郭は、相似形である。”という論などについて。


⇒【動画】Dissecting the Fake CGI Continent of Antarctica - Flat Earth













戦争の原因や目的は、宗教ではなく、主に経済や領土、資源、権利などである論

・戦争の原因や目的としては、経済や領土、資源、権利などが主なものとして挙げられるといえます。“「宗教が戦争の原因である。」というような考え方や思想は、教育や洗脳、プロパガンダなどによって、“そのようにしか考えないように思い込まされている”場合などもあると思います。


・宗教などなくても、それ以外の物事を原因や目的として、戦争を起こす事は可能であると思われるので、あくまでも戦争の道具として、宗教が利用されているだけかもしれません。


<参考リンク一覧>

⇒ 常識・金・法・戦争・宗教・選挙などはすべて「地球を未来永劫統治するシステム」の為の「支配者層」にとっての道具にすぎません













“死者の象徴”や“消滅前の最後の輝き”などではない“ベツレヘムの星”

“夜空の星”を“死者の象徴”や“消滅前の最後の輝き”のように、縁起の良くない意味として捉えるのではなく、その正反対のような印象の“ベツレヘムの星の歌”。


⇒【動画】Dailey and Vincent -- "Beautiful Star Of Bethlehem"


⇒【動画】'beautiful Star of bethlehem' by rambo-mcguire


⇒【動画】The Judds - Beautiful Star Of Bethlehem


# Star Of Bethlehem













唯物論と生命の起源の謎

無生物から生物が発生する確率の低さや、卵や鶏の最先のような生物や、その他の多種多様な生物に至るまでの進化の過程などを、唯物論や進化論、偶然などでは説明しきれないという謎などについて。


⇒ 生命はどこから来たのでしょうか。進化論が最善の科学的な答えなのでしょうか。


⇒ 宇宙は知的存在の創造であるとの現代科学の結論論文


⇒ ダーウィニズムという宗教


⇒ 無生物から生物へ


# メモ













国民投票において“過半数”とは、“有効投票の総数の過半数”である

国民投票において“過半数”とは、“有権者の総数の過半数”ではなく、“有効投票の総数の過半数”であると規定されている。


⇒ 国民投票法、衆院で可決













“国民の総意に基づく”という事など“不可能”である

・日本国憲法1条では、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と規定されています。“総意”とは、「全員の一致した意見・考え」という意味などであるので、“国民の総意に基づく”という事など、不可能であるといえます。


・戦争犯罪や国家レベルの過酷事故が発生してしまった場合などには、“国民全員の責任”になるような仕組みになっているともいえると思います。


⇒ 国民の総意としての戦争!?


⇒ 「国民の総意」とは?


# メモ













スポンサーリンク
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

・内容は主にニュースやリンクの纏め、要約などです。何卒、宜しくお願い申し上げます。


・リンクや転載、引用(ツイート・シェア)なども歓迎致します。当方のブログ記事のほとんどは、基本的に著作権フリーとなっているように思われます。



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男


⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク