まとめ リンク集 その他諸々

Various Summaries Pages

ニネヴェ定数(195兆9552億)と天体の循環周期

太陽系の惑星・衛星・彗星・恒星などの天体の公転周期・会合周期の整数倍が、ニネヴェ定数(195兆9552億)と大体一致する循環周期になっていて、ニネヴェ定数を1日の秒数(86400秒)で割ると22億6800万になり、さらに1年の日数(365.2422日)で割ると、6,209,578.19224(約620~630万)となる。


また、銀河が1周する間(約2億2350万年)の太陽系の惑星歳差周期は8640回で、太陽系の天体は、22億6800万日(約620~630万年)周期で元の配置に戻る。


ディヴィッド・ウィルコック氏が算出した銀河の調和的年数が、約2億2354万4814.9201年で、これを、ニネヴェ定数を1年間の秒数で割った数値である20,9578.19224で割り、36という綺麗な整数が導き出される。


6×6=36、36×10=360、360×10=3600、3600×6=21600…。これらの数字の6と10を交互に掛けていくシュメール・バビロニア由来の60進法の形である。


様々な計算の結果、ウィルコック氏は銀河が1周する間に太陽系の惑星は36回最初のスタート位置に戻ると主張した。またこの周期の間に歳差運動周期はぴったり8640回となる。8640という数値は1日の秒数86400のちょうど1/10にあたるそうです。


▽<出典元のURLリンク一覧>▽

⇒ ニネヴェ定数と銀河の1回転


⇒ 宇宙の法則と太陽系惑星の動き


⇒ ニネヴェ定数をどう捉えるか


⇒ どこまでもどこまでも













関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

名前は“りんくまとめ”と読みます。ブログの内容は、主にニュースやリンクのまとめなどです。何卒宜しくお願い申し上げます。


素材や情報、データベースなどに、創作性を持って、選択や編集、構成などがなされた場合、著作物としての必須の要件や定義を満たし、保護される etc...


# 編集著作物

⇒ 著作権法第12条


⇒ 著作権法第12条の2



“著作物とは、思想又は感情を(創作的に)表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であって、たとえどんなに、”文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であったとしても、“思想又は感情を(創作的に)表現したもの”という、もう一つの要件が認められないような場合、著作物としての必須の要件や定義を満たしているとはいえないようです。


⇒ 著作物とは



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男



⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク