まとめ リンク集 その他諸々

Various Summaries Pages

「安全保障関連法案」は「開戦の詔勅」と同じようなもの

「安全保障関連法案」とは、「開戦の詔勅」と同じようなもので、「日本の侵略を認める証明書」や「戦争の為の理由づくり」などともいえる。


⇒ 集団的自衛権 自民党の説明はまるで「開戦の詔勅」


⇒ 「国会無視 国会以上に無視されているのは下々の国民」アーサー・ビナード さん


⇒ 国家消滅を招く憲法違反の「集団的自衛権」 歴史が教える怖い真実


⇒ 集団的自衛権の問題点


⇒ 集団的自衛権「海外で戦争する国」づくりを許さない


⇒ 憲法学者15人 リレートーク 雨の国会前「平和主義終わらせない」 安全保障関連法案は憲法違反


⇒ 【動画】憲法学者通行禁止事件



終戦時においては、数時間のやりとりだけで、マッカーサー元帥が心服し、「天皇とはこのようなものでありましたか! 私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」「陛下は磁石だ。私の心を吸いつけた」と語ったといわれるほどの人徳や人柄の陛下であれば、一般市民が大量無差別殺戮の犠牲となる原因やきっかけ、許可証などになる「開戦の詔勅」を発令する必要はなかったはず。


⇒ 昭和の日


⇒ 連合国が日本への侵略や占領、一般市民の大量無差別殺戮などを行う為の原因や許可証となった「開戦の詔勅」(「自存自衛の為、障害は破砕する以外ない!?」)













関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

・内容は主にニュースやリンクの纏め、要約などです。何卒、宜しくお願い申し上げます。


・リンクや転載、引用(ツイート・シェア)なども歓迎致します。当方のブログ記事のほとんどは、基本的に著作権フリーとなっているように思われます。



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男


⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク