fc2ブログ

まとめ リンク集 その他諸々

News Blog Websites

東京裁判 中国の歴代最後の皇帝・溥儀などについて

⇒ 東京裁判:ブレイクニー弁護人の弁論


 戦勝国側の人間が、検事側や裁判官、裁判長となって、国際法上における裁判の判決を、敗戦国に下すということなどには、やはりそれは流石に問題があるのでは? また、法令の効力はその法の施行時以前には遡って適用されないという不遡及の原則に反しているのでは?などともいわれたりもしているらしい。




⇒ 溥儀の映像と肉声 (東京裁判での証言から、1946年8月16日) 中日双语字幕


 秦の始皇帝くらいの時代から連綿と続いて来た、中国の歴代皇帝の歴史に幕を降ろすこととなった、最後の皇帝の映像などが貴重!



#東京裁判 #極東国際軍事裁判 #ラストエンペラー










スポンサーサイト



全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
フリーエリア
プロフィール

りんくまとめ

Author:りんくまとめ

名前は“りんくまとめ”と読みます。ブログの内容は、主にニュースやリンクのまとめなどです。何卒宜しくお願い申し上げます。


素材や情報、データベースなどに、創作性を持って、選択や編集、構成などがなされた場合、著作物としての必須の要件や定義を満たし、保護される etc...


# 編集著作物

⇒ 著作権法第12条



⇒ 著作権法第12条の2



“著作物とは、思想又は感情を(創作的に)表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であると定義されており、大きく分けると二つの要素によって構成されている必要があります。 そのため、”文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であったとしても、もう一方の要素である、“思想又は感情を(創作的に)表現したもの”という定義に該当する箇所が認められないような場合などにおいては、著作物としての必須の要素や要件、定義を満たしているとはいえないようです。 

※著作物を創作しようとした場合には、まず最初にその定義を理解していなければならないはずです。



⇒ 著作物とは?



⇒「ウェブページのリンク行為は一般に著作権法上の問題ではありません。etc... # リンクは自由である!」


⇒「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)


⇒ 著作権法第32条の条件を満たしていれば、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。etc...


⇒「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、著作物に該当しない。etc... 著作権法第10条」



⇒ 自民党も御用達、2ちゃんねるのホットリンクは朝鮮系の企業だった


⇒ 自民党ネット工作御用達、2ちゃんねるのホットリンクは韓国系企業でした



⇒ 安倍政権を見極める⑭ 祖父の岸信介 アメリカのために働いた男



⇒ Japanese CIA Agents List ~ 日本人のCIAリスト 日本の中のCIAエージェント一覧











検索フォーム